新型コロナウィルス感染症の感染拡大の防止や事業活動の維持・強化、今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応するため、オンライン会議、ECサイト構築、クラウドファンディング、オンラインイベント、テレワーク、RPA等を活用しようとする中小企業等に対し、こうしたデジタルツールに精通したIT専門家を通じてハンズオン支援を提供する

「中小企業デジタル化応援隊事業」 が令和2年9月にスタートしました。

長野県では、中小企業デジタル化応援隊と連携し、IT専門家に係る相談費用の一部を独自に追加負担することで、県内中小企業者の皆様のIT活用・デジタル化をより強力に推進します。

 

詳細については「中小企業ITお助け隊事業」リーフレット(PDF)長野県中小企業振興センターHPをご覧ください。